伊東衣服研究所へ

行って参りました。
先生も、授業中の雰囲気も、建物も(え?)、すごおく気に入ったんだけど。
習いたい立体裁断のハイグレード版だし、受講料もリーズナブルだしね。
でも、自分が通うには躊躇われる何かが・・・。
一日経って気付きました。
私って、下衆な人間なんですよ。(其処が大好きなんだけど。自己愛の極!)
いくら相手が良くったって、相性があるものね。
恋愛(どうして、此処で?)にも様々な形があるように、だから教室も質の違いが有って然るべきなんですって、何が言いたい?

「伊東衣服研究所」
真面目に、熱心に、衣服製作に取り組みたい方には請合います!
レポート、間も無く。
[PR]

by mishin-pro | 2015-02-07 15:29 | 店長のひとり言  

<< 嬉しいこと 2度ある事は >>