<   2011年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 

穿(ホジ)る

大晦日、ご一家でお祖母ちゃん処へでもお出かけ?
電車の中、前のシートの5歳くらいの小僧が、私の顔をじっと見つめながら鼻の穴を穿ってます。
こらこら、小指の第1関節までにしておきなさい。
ママが気付いて、“ダメよッ、お鼻痛くなっちゃうよ!” そっちか。
人前で恥ずかしいのは何処までという話になりました。
豚児が言うには、指先で穴の周辺を探るだけでも“鼻●●を穿っている。”ことに。
そうかあ?指の一部が挿入されてじゃないの、と私。
30年近く一緒に居るのに、親子の見解の相違にビックリ!
今年の締めがこんな話で、スミマセン。

さて、1月3日(火)からの<SALE>では、初めて<小型ミシン>に踏み込みます。
こわごわ、お客様とのマッチメイク上手くいくのかな。
[PR]

by mishin-pro | 2011-12-31 15:49 | 店長のひとり言  

わが青春の・・グレタ・ガルボ  Ⅴ

動く彫像、スフィンクス この人の容姿には単に<美貌>などという表現では言い尽くせない何ものかがあります。
ミステリアスでは言葉が足りない。<偉大>っつうのも変なんだけど。
ムービー史上、最高の<顔>!
容貌が余りに圧倒的過ぎて、作品を良く覚えていない(笑)。
M・ディートリッヒを真似る人は五萬といるけれど、彼女は無理なんだよね。
顔に精神が露出しているというか・・。
そう云えば、恐れ多くも彼女の名前を  name に使用したシンガーソングライターの方がいらっしゃいましたね。
ギャグ? 山田はなこさんが“リズ(テイラー)って呼んで。”って云ってるようなもの。


イエロー・ピーチの社長とスタイリストの方と3人で業界話大盛り上がり、1時間半。
ばりばりの女性二人相手に、スタイリストの裕子さん、変なオヤジと思っただろうなあ(恥ず)。
Y・Pのオーダー入園グッズ、可愛くて安い!お奨め。
[PR]

by mishin-pro | 2011-12-30 15:03 | 店長のひとり言  

往ってしまえ

日々往々、<時>なんて人類の決めた単なる概念。
流れて留ることがないのは解っているけれど、<記憶>という厄介なものが我々の脳には存在します。
<感情>に刺激されての行ったり来たりは、良いのか悪いのか。
いやな年だったな、往ってしまえ!
どうぞ、来たる年が穏やかな未来でありますように。
[PR]

by mishin-pro | 2011-12-29 15:15 | お知らせ  

振り替え輸送

2日連続の人身事故で電車がストップ、渋谷まで出てぎゅう詰めの東急線に乗る破目に。
それにしても、近年の小田急電鉄は、隔日が大袈裟で無いくらい遅れ過ぎ。
のべつ幕無し、駅発着の度に“申し訳ありません。お詫びを申し上げます。”を繰り返さなくてはならない車掌サンもうんざりしているはず。乗客のストレスはその1万倍だけどね。
<言い訳>が可笑しい。
<車内トラブル><踏み切り内立ち入り>は容認するにしても、<集中混雑>が数年続くと誰がダイヤ編成やってんの?
時折の、“<頭上で>大きな物音がいたしましたので・・。”という車内放送には、流石に“聞き違い???”と呆れる。
よく聴いていると、遅延理由のアナウンス内容が途中で変わったりするからね。
あの会社、何かが起こっていますね。
[PR]

by mishin-pro | 2011-12-28 19:19 | 店長のひとり言  

真夜中の東急ストアでワインを買う

どうしてそんな破目に陥ったかはさておき。
閉店23:00間際のワインコーナーALL20%引きが、本日まで。
このちょいとお上品なスーパーの生鮮食品売り場は品揃えが良くてリーズナブル。
スタッフの接客も気持ちがいい。ワインが界隈の大衆スーパーより安いのも既知。
なら、正月用に2、3本をと選んでいると、
“あら、その白はチリのだからお薦めよ。”
お声を掛けていただいたアラセブンティのご婦人。
手元の手押し籠には種種のワインが10本近く。この真夜中に、どうやって持って帰るの?
嫌味じゃない薀蓄をいただきながら、楽しいお買い物をご一緒させていただきました。
私が、 “一本を開けると、ビールのように飲んでしまうんですよ。”と打ち明けると、
“あら、主人と同じね。以前は私にこれくらいしかくれなかったの。”と、親指と人差し指を数センチ開けてウィンク。外人さんみたい。
“でも、主人、今は飲んじゃいけない体になっちゃったから、今度は私がね、オッホホホ。”
お酒の恨みは怖いけど、可愛い女性でした。
[PR]

by mishin-pro | 2011-12-28 19:01 | 店長のひとり言  

ドアひとつを境に

ビル1階にマクドナルドの事務所があります。100m駅寄りにある店舗の事務所兼従業員着替え所みたいです。
若者が、私服を制服に、制服を私服に着替えての入れ替わり立ち代りが一日中。
それを時折観察していると、<制服の効用たるや、凄い!>と感心せざるを得ません。
個性を消して、欠点を見えなくする。
つまり、制服って印象を平均化する手段なんだね。
制服に着替えた時点で本人たちの意識も態度も変るのでしょう。
もし、私服時の、あの態度で店頭に立たれたら、私ならビッグマック買いません。
[PR]

by mishin-pro | 2011-12-27 17:16 | 店長のひとり言  

楽観主義者

閑な日は、早く帰って、風呂に入って「アンの友達」読むんだ。
一冊で大泣き3回。
[PR]

by mishin-pro | 2011-12-26 19:56 | 店長のひとり言  

「夜霧の街」   流行歌1

“人は何故愛し合うのよ ひとつになれないくせに“
冬空の寒い午後、流行歌の切ない詞は、人の胸を抉(えぐ)ります。
有馬三恵子作詞「夜霧の街」の1節。
アイドルに提供した曲とは思えない詞(ことば)の凄みに、瞬時涙ぐんでしまいます。
京平(作曲)さんばかりが喧伝されるけれど、三恵子女史は、南沙織嬢に対して他にフェミニスト真っ青の内容の曲も提供しているんだね。
“嘆きしか残らないのに、燃えて、そして悲しむのね。”
止めを刺されて身動き出来ない・・・。
私のベストテン・1位。

「職業用ミシン」「ロックミシン」お問い合わせください。
特別販売分は台数が残り僅かとなっています。
ほら、ちゃんと仕事もしてるでショ。
[PR]

by mishin-pro | 2011-12-25 14:38 | 店長のひとり言  

世の中には

空き時間にレンタルルームでご指導申し上げていますと、
“此処って、ミシン売ってるんですか?”と、若いお客様から能天気質問が。
怒るぞ、こらア! (あ、タメ口許してください。相手許可です。)
しかし、アパレル業界の隅っこで仕事してますと、とんでもない容貌の若者が参りますね。
Jでも見たこと無いような美形男子!
お宝でもゴミでも世の中全てが自由になりそうな・・。男の私が長く目を合わせていられない。
何で、アパレルなんかやってるの?好きなんですよ、衣服が。
ふうん、人生、得しているのかな。
いるんだろうな。

年内無休、年明けは3日より営業!
家で、おせち食ってても楽しくないし・・・。
乞う、ご来店! ミシン本気で安くしまっせ!
[PR]

by mishin-pro | 2011-12-23 14:00 | 店長のひとり言  

街は色づくのに

ブログって、独り言なんだあと認識したら、書くのが楽しくてしょうがない。
相手はせいぜい自分だけ。読み返して自分が楽しい。
これ、何かに似てるな。言わないけど。
見られてる可能性もあるから、人を傷付けるのだけは気を付けなくちゃね。

甲州街道の銀杏並木、今、何キロにも渡って黄金が降り掛かります。
落葉樹っていいなあ。掃除が大変だろうけど。
そうだ、銀杏は東京都のシンボルだったね。
[PR]

by mishin-pro | 2011-12-20 13:05 | 店長のひとり言