<   2012年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

柿・林檎

隣の会館で地方都市の物産展が催されていて、北陸産の牡蠣が美味しかった。
机を並べる青果販売のお兄さんに、“産地は何処?”と尋ねたら、一寸赤くなって“福島です。”。
柿2個、林檎1個買って食べました。美味しかった。
この歳で、放射能なんか関係無いしね。

尊敬する<土門拳>さんの写真に、広島の原爆ドームの前のきれいな河で水遊びする裸の子供たちが居ます。戦後数年しか経ってなかったんじゃないかな。
人って強いですよね。
ヘリが農薬を撒く田園に育って、合成食品もさんざ食べさせられてきたけど生きてるもんねえ。
[PR]

by mishin-pro | 2012-10-26 15:32 | 店長のひとり言  

お客様

朝、向かいのホームから直立でこちらを見る三歳半(?)女児。
傍らのベビーカーの1歳半とおそろのワンピが可愛い!
秋物ニットの濃いピンクの花柄に襟・袖がリブで裾は直線縫いの仕上げ。ママの手造りなんだね。
カヴァーステッチ機は未だですね。宜しく!(笑)
顔が吃驚するほどソックリで、横に立つママと似てないからパパの娘だ、ハハハ。
朝早くからお洒落して、何処行くの?
[PR]

by mishin-pro | 2012-10-23 18:53 | 店長のひとり言  

okadayaの

ニット生地売り場で。なおみ先生と裁断してもらいながら、
”この後、思い出横丁(小○横丁とも言いますが)で<立ち食い蕎麦>しましょう。”と話してたら、
スタッフの女性から、”かめや、美味しいですよねェ”の話し掛けに話が弾んじゃった。感じがイイね。
ファーを買って、ベルト買って、此処でも接客がgood!1日のスタートが気持ち良い。
さて、何が出来るんでしょう。HPをお楽しみに。
[PR]

by mishin-pro | 2012-10-19 19:56 | 店長のひとり言  

イメージ

こないだ、“あら、オペラアリアを唄っているイメージが湧かないわ。”とお客様から。
ビジネスだから<努めて清潔・感じ良く>以外は気にもしなかったんだけど。
文系には見えないのかもしれない、ちょっと嬉しい。
そういや、昔、よく飲み屋で“柔道なさってました?”と訊かれた。
“オス、ハシゴ段です。得意技は○技。”なんてウケてたっけ。
ニセ体育会系、いや、齢を経て野放図になっているだけかも。
以前はもっと何事においても神経が細かだったような気がする。

友人に話すと、あの地震が契機でしょと。
ああ、確かに。突然来て奪われるということが、骨身に沁みました。
人生観が変わったのは事実。
[PR]

by mishin-pro | 2012-10-15 18:55 | 店長のひとり言  

冷える

<長ズボン下>を穿くようになりました。
体調が激変して、50って間違いなく男の更年期なんだね。
とっくに過ぎたけど。
あれから、夏の太陽もキツくて、大好きだった肌を晒すのが今は凄いストレス。江の島も長いこと行ってないなあ。
<ジイさんパッチ>とも云うね。今年も、さ、買いに行くぞ。
所謂肉体労働をなさっている方専門のニッカボッカなんか売ってる店、「寅安」とかね。
楽しいよ~ッ! アイテムいっぱい有って、カラーも柄も凄いのがある。地下足袋だってあるんだから。
コスプレしたくなっちゃうね。イヤイヤ、そんな趣味はありません。
[PR]

by mishin-pro | 2012-10-14 19:11 | 店長のひとり言  

N様へのご返事(10/12)

針をご返送いただいて2ヶ月が経ってしまいました。
脇の台上にいただいた封書がいつも見えていまして、もうそろそろご返事を出さなきゃと思いながらの2ヶ月ですから、物ぐさと言うかだらしないと言うか。
お恥ずかしい限りです。お許しくださいね。

切手は、郵便局を訪れる度に、お客様にお返しするものを購入するのです。
ちょっと楽しみになっています。
だいたいが10枚のシートで、中には返信には微妙なものが混ざります。カブトガニ(「特別天然記念物」シリーズ)とか。残っていますね。
可笑しいのは先に売り出された「日中国交正常化40周年記念」、郵便局に思い切り残るんじゃあないでしょうか(笑)。

20年ほど“海”に手足を浸していません。
房総、羨ましいですね。
雑都・新宿にお出になる節は、是非遊びにお寄りください。

※ブログを書くのが面倒なわけじゃないのですが。
[PR]

by mishin-pro | 2012-10-12 17:38 | 店長のひとり言  

S様へのメール 2

実は、昨年(今年?)、文化服装学園の男子学生と組んで<装苑賞>に応募したのです。
デザイン画は、相棒が私の描いたそのままで良いと言い張るので(笑)。
勿論、審査には鼻も引っ掛けて貰えませんでしたが(スミマセン、尾籠な言葉使いで)。
デザインの良し悪しもそうですが<ポートフォリオ>が充実していなくてはいけないんですね。
デザインに対するデザイナーの思い入れの深さとでもいいましょうか。
もう少し腰を据えて掛からねばと反省しました。

ブログを読んでいただいているとお聴きすると、恥ずかしさが先に発ちます。
もうこの歳になりますと、書くこと(しゃべること)は山のように有りますが、少なからずが世間を憚る内容なのです(笑)。
誰にも主ねない、でもお客様の不愉快にならないよう努めるというのはとても難しい。
友人のブログを読んでいると、彼の性格が隠しようもなく色濃く出ています。
自分に振り返って、赤面すること度々ですね。
(抜粋)
[PR]

by mishin-pro | 2012-10-10 19:49  

ひたちなか市から

遠路をバスでご到来、連休最終日。
肩に掛けていらっしゃるバックは? やはりお手製なんですね。
製品としても通用する、デザインがシンプルでgood !
背の高いガッチリした50代、いやもう引退なさってるのかな。
男性、多いなあ。拘っちゃうんだね。
ホビーというには、作品の出来はどうして私が欲しいくらいのレベル。でも、ビジネスじゃないんだよね。
今度、お得意様集めてMishin-pro Otoko no Sakuhinten ての催ってみようかな。

同性って案外話し易いね。趣味(縫製)の話さえしてれば。
セクハラにならないよう言葉に気を使うことも無いし(笑)。
[PR]

by mishin-pro | 2012-10-09 19:34 | 店長のひとり言  

過去に置き忘れてきたこと。

<栃木県S様へのご返事メール>

いい季節が近づいてきましたね。
昼間の店内は未だ<冷房中>ですが、朝夕は窓を開けるととても気持ちが良いです。

絵画ける才能、欲しいですよね。
小学生の頃自分にも在ったと思うのですが、子供心にも圧倒的な才能の友が傍らに居て、ああ、彼には敵わないんだと納得した記憶があります。
学校選抜で、二人して写生コンクール等にも引っ張り出されていたんです。(其の頃にはそんな催しもあったのです。)
郡部各地から集まった数十人の児童の中、木村君の背後には付き添いの先生方が黒山のように集まって、彼の絵筆の先を見守っていたのを覚えています。
彼自身は其の才能に執着せず、ある事故を起こして人生を誤ってしまいました。残念ですね。
当時の田舎では、絵を描くことに人生を掛けることなどご両親も本人も考えられなかったのだと思います。
[PR]

by mishin-pro | 2012-10-08 13:08 | 店長のひとり言  

仕事の前に

早朝の新宿散歩。
空は雲が掛かって、今日は晴れるのかな。
土曜日だから、街中がこんなに閑散としてるんだね。
少し肌寒いくらいの丁度良い気候。開店直後の立ち食い蕎麦やに寄りました。
ファストフードって体にどうかと思うし、美味しいっていう訳でも決してないんだけど、
無性に食べたくなる時がある温かい<春菊てんぷらそば>。
腹ごなしに、都庁、中央公園をぶ~らぶら。秋ですねえ。

3連休ですよ~、田中さん、昨夜遊びに来ていた学生に指摘されて気付いた呆け様。
ジンクス→暇。皆さん、遊びに来てくださ~い!
私を独りで放っておかないで(笑)。
[PR]

by mishin-pro | 2012-10-06 13:32 | 店長のひとり言