<   2014年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

休んでないしⅡ

というわけで、また木曜出勤。一日中、ミシンの改造と写真撮りでへっとへと。
倒れるかもの身体引き摺って、高田馬場まで出向きました。
予てより念願の<まずい魚 青柳>。
ネタの良さは天下一品!三人で大盛り上がって、下ネタを飛ばす飛ばす。聴きたい?
節度わきまえた客の中、ウチラだけ爆笑の連続で大将スンマセンでした。
また、行きます。

ホント、良い魚に良い客筋。灰皿は手元にあるのに、紫煙一筋無い満席の2時間。
接客も申し分なくて、見習います。
[PR]

by mishin-pro | 2014-01-31 18:23 | 店長のひとり言  

休んでないし

先週の木曜日も。
今週も出る予定だし。お電話くださいね。
仕事大好きと、身体が保つのとは違うんじゃないかなあ。
多摩の休みには死んだように眠っちゃうしね、あ、偶の。
ア、鼻血出てる。限界かしら。
イえ、さっき鼻毛切ったの忘れてました。
ウ、が続かないよう。
エえい、無理やり。
壊れてません、大丈夫。

セブン、ほたて揚げ餅小袋入ってなかったよ。
電話応対良かったです。店裏の店。
[PR]

by mishin-pro | 2014-01-25 22:27 | 店長のひとり言  

というわけで、

決定!ミシン材料店新都心№1は、やはり<オカダヤ>ということに。
素材の豊富さそこそこ、スタッフの接客まあまあ、知識☆4つ。
急ぎで、ある程度広範囲の洋裁材料揃えるなら打って付け。
なおみ先生もご愛用!
って、また評価変わるんじゃないの~。
いえ、数日前行って来た印象で話してますから。

ミシン売り場も有りますけど、それはもうね~(笑)。
[PR]

by mishin-pro | 2014-01-20 22:53 | 店長のひとり言  

30分後の訂正

文化学園の購買部に、試し縫いの材料を購入に出掛けました。
<帆布>が1種類しか無い!
事欠いて、入り口のレジのスタッフに、
「帆布は何処ですか?」
「帆布って何ですか?」
「帆の布よ。バッグに使う。」
「さあ?・・・」
というのが二人。
此処は何処?大丈夫かあ、文化。
ユザワヤ並み?
[PR]

by mishin-pro | 2014-01-15 10:59 | 店長のひとり言  

一晩掛けて

反省。
いくら好きでも奥さんのことを〇タはないよね。今度、友人に会ったらキツく言ってやる。笑ってる周りも悪い。
自分の幼少、容姿に関するあだ名でナーバスだった時期があったなあって。
雪模様の空で、ちょっと昔を思い出しました。

新宿で洋裁材料を探すなら、オカダやが一番ですヨ。質も量も、店員さんの知識(これが大事)も。
南口なら文化学園購買部を覘いてみましょう。土・日は不定期営業なので気をつけて。
ユザワヤは、ウ~ン、ワッと(笑)。これって営業妨害?
[PR]

by mishin-pro | 2014-01-15 09:54 | 店長のひとり言  

ウチのカミさん

あの言い方苦手だったなあ、獅子文六みたいで。何ンか擽ったい。
最近耳にしないから、ホッ。
近頃聴くのは、ウチの奥さん。これは大好き、何でだろ。
パートナーの呼び方にも流行りがあるのかしら。
山ノ神 -好きだなあ。
ウチの女房、妻 -普通で☆3つ半
ウチのヨメ -★5つ、関西の芸人さんが使うね。
ウチのヨメさん -良いよねえ!☆4つ。何でって言われても・・・。
家内、連れ合い -違和感無いけどね。
ワイフ -日本じゃ古い? 米国では?ハハハ。
御大臣、陛下、お嬢さんなんてのも好ましくて好き。(TVの誰かさんのお嬢さんは×××だったわ)
ウチの閻魔サマなんて呼んでるご主人居ますかァ、友達になりたいな。
ウチの〇タ -友人が使ってるんだけど、ホント奥さん愛してるのが伝わって来る言い方。奥さんのお気持ち?解りません。
究極はね、ウチの〇〇さん。名前入れてね。

反対は、
ウチの旦那 -実は、一番苦手デス。
ウチの旦那さん -これが☆5つなんですよ、どうしてか。
夫、主人 -普通で良い響き。
亭主、旦ツク、仕事人なんてのも悪くないなあ。
苗字にさん付けも親しみ湧くね。ちょっと呼んでみて。
「阿倍さ~ん、お昼から二人で外出しない?」、新鮮でしょ。

上、全部、私なりですから気にしないでね。
偶には相手の呼称を変えてあげて欲しいな。
「晋ちゃん、洗濯物取り込んで頂だい。」「何だい、其の呼び方は。」「うふふ」
って、夫婦の味付け味付け。
[PR]

by mishin-pro | 2014-01-13 15:06 | 店長のひとり言  

厳寒

寒いッと。
ベッドに飛び込むと、電気敷き毛布MAXがお出迎え、幸せ~っ!
先ず背中を十分に温っためるでしょ、右腋左腋、うつ伏せでお腹と胸もホッカホカ。
全身が丸まったり縮んだり、烏賊のぽっぽ焼きかっての。
あ、私の場合、スルメですね。
こっちが味が有るんですよ。
[PR]

by mishin-pro | 2014-01-11 11:55 | 店長のひとり言  

秘密のクルージング

夜十時過ぎまで神戸のお客様と話し込んでいて、残った仕事を片付けたら0時を回ってた。
腹が減ったなあ、暗いビルの玄関を出て深夜の新宿に。
気持ちイイんだよお、シャッターを閉じたビル街の、それでも未だ昼間の熱気が漂っているような通りを、其処此処に灯りをともすBARや飲食店、客引きは禁止されてるでショおネエさん、松屋にたどり着いて味噌焼肉定食の特盛りにあり付きました。
朝まで、大、特盛りがサービスなんです。
店に帰る道すがら、足元は銀杏の葉の絨毯、見上げれば銀の砂を撒いたような星空、ああ。
今度、ご一緒しません?
[PR]

by mishin-pro | 2014-01-07 20:05 | 店長のひとり言  

墓参り

北鎌倉の、小津安二郎監督のお墓にお参りをしてきました。
無 の墓碑銘の前はお花と酒瓶と線香が山のようで、口三味線で手踊りでも見ていただきましょうか。
枯れそうな花を横に押しやって、持参の新鮮なのを真ん中に手向け、墓前にズラリ並ぶカップ酒(買い忘れちゃったんで)をポンと開けてたっぷりと呑んでいただきましたよ。
それって、映画の中で杉村春子か浪花千栄子の役回りじゃんと横合いから豚児が。
はい、野田さんと腕組んで笑っていただいておりますとも。

それから、本堂に手を合わせ、亡き父母・妹とちょっとした会話を。
元気かなあ。
[PR]

by mishin-pro | 2014-01-05 14:51 | 店長のひとり言  

めぐり逢い

或る時、相手を探すのが面倒でグレイの靴下と黒の靴下を片方ずつ履いてしまいました。
数足ずつ洗うから中々一緒にならずに、色違いが何時しかコンビに。
見た目は違うけれど、保温の目的は同じでしょ。今の時代、オシャレに見えるかもしれないし。
使う本人(私)も彼らの結び付きが愛おしくなって来たんです。
処が、お正月の休みに一遍に洗濯物をしたら巡り合ったんですね、本来の相手に。
二組をじっと見詰めているとお互いが少し照れてるみたい。
嬉しがっているのかしら。相手と縒りが戻ってどんな気持ち?

本年もよろしくお願い申し上げます。
[PR]

by mishin-pro | 2014-01-03 14:59 | 店長のひとり言