<   2014年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

今週の抱腹

「こんにちは、暑いですねー、―中途略―
ミシンは、とてもよく働いていてくれて、男の子達のじんべいさん、娘のパジャマなど作りました。男の子(6才、小6)達は、それぞれ「オレのミシン」と主張しています。
でも、本当は「スィート10ダイヤ」の品なので、私の指にはめておかなくてはなりません。
(スィート10+αのオパールです。その内、ルビーやダイヤが・・・)」

ワハハッ!もうねッ、スタッフ共、大ウケにウケました。
ハスクバーナ「オパール」をご購入いただいた山口県I様のお手紙からの抜粋。
[PR]

by mishin-pro | 2014-07-28 21:42 | 店長のひとり言  

先ほど

午前10時5分前、立ち食い蕎麦食って高島屋玄関前を通りましたら、色とりどり山の200人余。
老若男女、駅からの通路をおちび抱えて走り込んで来るパパとママ。未だ開店してませんよっと。
ちょっと逡巡して、帰って来ました。なんてったって、ミシンプロの開店が最優先。

後ろ髪を牽かれたので、早速yuで「月の光」を。
う~ん、スポーツだから近い内、彼女の技術を越える選手は出てくるのだろうけど。
やっぱり、この時代の神の授かりものだね。
気持ちが萎えてる時には覚醒1番!ありがとう!
[PR]

by mishin-pro | 2014-07-27 10:35 | 店長のひとり言  

挑戦

エアコンが壊れて、取替え予定不明の地獄のリビング。
個別の部屋のは作動してるんだけど、ソファも無い床で寝っ転がってビデオを鑑賞したり、趣味のキーボード叩いたりするのが好きなんだもん。
昨日は、東映「侠客芸者」観ながらつい寝入っちゃって、眼が覚めたら汗のプールで泳いでいました。
これは、室内熱中症あるね。保険、見直さなくちゃ。

水シャワーとビールが私のこの季節の定番。
こっちも、何歳まで心臓が保つのやら。
[PR]

by mishin-pro | 2014-07-25 21:27 | 店長のひとり言  

見せたくない

残業姿。
タンクトップとハーフパンツですけど。駕籠かきが理想かなっと。
夜九時過ぎて電話が繋がったら、”雲(助)ちゃん”と呼んで下さいね。変身!

肌を露出すると、心まで開放される。
♪ レースのカーテン引き千切り 体に巻きつけ踊ってみたくなるゥ ♪
しませんけど。
[PR]

by mishin-pro | 2014-07-25 21:11 | 店長のひとり言  

猛暑午前11時

甲州街道に沿う炎天の歩道で、仰向けに倒れた女性を介抱するビラ配布らしい若者。
え、女性の手足が痙攣してる。
「救急車、呼んだ?」
「いえ、まだです。」
って、え~い、私は持ってないんだよッ、ケイタイ!
目の前、道路と一体の家電店店先にたむろする店員に、
「至急!救急車、呼んでくれ!」と頼んだら、
「少々、お待ち下さい。」と奥へバラバラ駆け込む。
何十人いるんだよッ、店先に。
Y電機では、買い物しません。絶対に!
[PR]

by mishin-pro | 2014-07-25 20:54 | 店長のひとり言  

ちょっと考えたこと

感性って、歳を取るとどんどん鈍るでしょ。
12、3歳で専門のコースを選択出来る環境を作れないものかしらね。
音楽、バレエなんかはあるのに、ファッションには無い。文化、技術共の早期教育。
高卒でも遅い気がするのに、大卒なんて。
天才をもっともっと早い段階で見つけて、育んで欲しいのに。

え、どうしたの?真面目に。
yuで、五嶋みどり氏のチャイコフスキー・バイオリンコンチェルト聴きながら、慟哭。つい。
[PR]

by mishin-pro | 2014-07-13 19:30 | 店長のひとり言  

ローソン・フサオ・イナダ

アメリカンブックアワードを受賞された詩人の朗読会に行ってきました。初来日。
ビジュアルはもろ日系(三世)ったって、76歳の肉体の迫力に押されちゃった。育った風土と食い物の違いって凄いね。
素晴らしいパフォーマンスで、5時に店を閉めて出席した甲斐があったんだけど、競演のジャズバンドがなあ(出たよ、一言オヤジ)。
大学公認サークルったって、それジャズじゃなくて高校のブラバンだろ。我慢出来なくって中途退場。連れに文句を言われました。
会場は全て英語。私?ハローしか解りません。
行っちゃイケナイ?
[PR]

by mishin-pro | 2014-07-12 18:00 | 店長のひとり言  

饂飩や partⅡ

関西のうどんチェーン店で、敢えて<ラーメン>を頼んでみました。玉2ツの大盛り。
ちょっと眼を離すと、おいおい、
「オジサン、玉が湯きりから半分ハミ出たままよ。」
「はい、はい。」
麵もモヤシもそんなに茹でてッ! は口にしませんでしたけどね。
卵、海苔、ハムを載せるのに、頭シャンプーするくらい時間が掛かりました。
案の定、麺の種類が特定できない不思議な汁丼が目の前に。
敢えて(2回目だよ)云えば、ラーメン粥。¥560。消化はイイだろうけど、まだ歯は有ります。

辛かったのは、家で料理なんか全くしていないことが丸解りの60代後半男性。
サービス業に従事した経験も無いんだね。困った。
[PR]

by mishin-pro | 2014-07-09 21:49 | 店長のひとり言  

やっと見~つけたッ♪

美味い饂飩やさん。足元も足元、店から歩いて1分の路地奥。
前を通る度に、よく商売してるなあと感心してた。饂飩や激戦区ですからね、此処いら。
500メートル四方に7、8件は在るんじゃないの。
偶々昼飯に入ったら、店頭で打って切って茹でてるんだね。
饂飩の本場(何処だッ)出身の私が吃驚の美味さ!野菜天麩羅(揚げたて。これがまた美味。)付き。¥880だっけか。
以降、観察すると、いつも客が外まで並んでるんだね。納得。
1週間周りにさんざ宣伝して、リベンジは夜一杯やりに。
えッ、ええええ~ッ!と。違う店?
良く観たら、打ち手が違う! うどんって、打ち手でこんなに違うもの?
♪ 涙堪えて 今夜は このまま お休み good night ♪

メニューの開きにでっかい写真が乗っかってる無愛想な兄(アン)ちゃん、あれが狙い目!
並ぶ時、先にメニュー貰って確認してね(笑)。
[PR]

by mishin-pro | 2014-07-09 17:26 | 店長のひとり言  

見た。見た?

って、〇〇〇の会話かよ。ボビンの市平社長って中メンかも~。
知らないけど、とても真面目で良い人なのは確か。仕事熱心だしね。良かった、遠距離知り合いになれて。
でも、不思議なんだよね。
或る年齢を過ぎると、男子の同性同士は気安く近寄れなくなっちゃうんだよね。
30過ぎたら、職場以外の知人は凄く出来難い。
趣味の仲間ったって、男はライバル意識出しちゃうからね。
女性は、その意識を隠して、わははと笑いあうんですよ。
[PR]

by mishin-pro | 2014-07-06 11:08 | 店長のひとり言