<   2014年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

松たか子さんという

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by mishin-pro | 2014-10-25 21:39 | 店長のひとり言  

迷って

とうとう、羽田ビル(ミシンプロは602号なんですけど)、マッサージ・整体関係が7、8軒?
とうとう、お隣も、痛くない整体になりました。
増える理由も解るんですけど、10階建てにねえ。10階は大家さんだし、1階はマックの着替え部屋兼倉庫。
最近、体調が良くなくて施術頼みたいのですか、どっか良い処知りません?近くで。ハハ。
[PR]

by mishin-pro | 2014-10-24 22:40 | 店長のひとり言  

愚ッ痴 言うぞお

お電話「どんなミシンでも好いんです。ちょこっと縫うだけだから。」
私「どのような作品か教えて下さい。ミシンのご用意がありますので。」
お電話「毛足の長いファーで巾着を作るんです。紐を通して。」
私「紐通しの個所は、5~6枚重なりますよ。」
お電話「だから、ちょこっと縫うだけなんです。」

此れが毎日・・・・・。レンタルスペース、止めよっと。
[PR]

by mishin-pro | 2014-10-22 16:25 | 店長のひとり言  

誕生日プレゼント

閑に飽かせてYuを漁っていたら、大当たり!
メト-J・Vickers-OTELLO に正面衝突、ドッカ~ン!!!正に。
オペラなのに余りにリアルで、 男女の愛の交錯が苦しくて、泣けて泣けて。
最後の”もう一度、キスを”で号泣、こんな泣き腫らした目で電車に乗れるのかあ。
生きてて良かった!
それがどうしたと、嘲笑って構いません。
[PR]

by mishin-pro | 2014-10-18 17:58 | 店長のひとり言  

余裕

タイフーンみたいな翌日は、新宿の休日。
Woman in Love(B・Streisand)をバックにスクワットを。
古めかしい緩いリズム、開け放した窓から流れ込む澄んだ空気、教室から洩れ来る華やいだ声。う~ん、気持ちイイ!
偶にはイイでしょ。こんな閑、続くのも困るけど。
あたッ、脹脛が攣りましたね。
[PR]

by mishin-pro | 2014-10-18 14:55 | 店長のひとり言  

シュールレアリズム

駅のトイレの行列に並んで、前に出たら、便器にドラ焼きが。
大きくてふっくら、ビニールに包まれたままで流れ口に鎮座していらっしゃいました。
焼き印がないから、無名のお店のものか。それにしては美味しそう、え?
用を足したか? う~ん、小ですけど。

パフォーマンスにしては、食べ物を粗末にしてはいけません、なんちゃってね(笑)。
[PR]

by mishin-pro | 2014-10-13 21:42 | 店長のひとり言  

列が・・・

お隣の全労済<スペース・ゼロ>に。
人並みを観てすぐに解っちゃった。<スマイレージ>ハロプロ研究生のステージだって、と云いながら何者か良く解ってない、アハハ。じゃ、何が?
並んだ列の構成は、女性が1から2割男性が大勢。特徴は、男性同士の会話が活発で一様に声が高い。
男性の衣服が以前に比べて少し整ってきたね。もうちょっとだ、頑張れ!
女性ファンは以前からきちんとしてます。

この列と握手するのかア、ちょっと考えて食欲が・・・(笑)。
え?握手グループと違うの?
[PR]

by mishin-pro | 2014-10-12 10:58 | 店長のひとり言  

今更だけど

「赤毛のアン」なら、シリーズ全てのストーリー、登場人物の科白を語れます。
最終「アンの娘リラ」の最後の言葉まで。村岡さんの訳でですけど、ワハハ。
自慢? いえ、今じゃトホホかな。
当時は相当深く嵌っていたのでしょうが、何時頃からかなあ、アンの性格にウンザリする様になってしまった。え?
O・ヘップバーンに対する憧れが大きく変わってしまったのに似てる。辛い。
同じ臭いのする「高慢と偏見」(J・オースティン)の初読(アンよりかなり後でしたが)は、二度と手にしない書物即時決定となりましたものね。
ハーレクインロマンスへの系譜と言ったら、愛読者にぶん殴られるか。
決して、酷評している訳ではありませんからねッ と。

ノーベル文学賞が決まる度に、あ、この作家昔読んでたってのが続いてます。記憶を辿ってやっとですけど。
当時は若くて読み切る力が無かったのか、印象が薄かった。
[PR]

by mishin-pro | 2014-10-12 10:46 | 店長のひとり言  

出世

PCのニュース以外排マスコミの生活、ドラマは英・米のものをレンタルで。
これだって全く熱心じゃないんだけど、偶に嵌ります。
今は「キャッスル」、凶悪事件を解決しながら深刻ぶったユルユル恋愛ドラマが、はあ?で、素敵(笑)。
近頃人気らしくて、4シーズン目が何時も借り出されてる。
し様がないから、レジェンド「クローザー」(自家)を観直してたら、な、なんと!
この娼婦(登場数分の端役)って、「キャッスル」の主役のアクトレスじゃあないかあ!!!!
鼻の形は変わっていたけど、間違いない。腰ぬかしちゃった。
でも、おめでとう!
他にも、シリーズ中最も惨めな犯人役が後のヒットドラマでレギュラーの一人になってたり、俳優さんがあっちこっち行くのを見つけるのが楽しみ。
一番好みの俳優さんは、いっつも数分のゲスト。出世するのは、個性の強烈な人なのですね。
[PR]

by mishin-pro | 2014-10-11 11:24 | 店長のひとり言  

ミシンが無くなる日

その内、生地素材の殆どが<接着>になりますね。
どんな手段かは解らないけれど、人の目と手を経て衣服を縫製することは無くなる。
ステッチが掛かった衣服は<希少で贅沢な>ものになっています、きっと。
でも、私は<美しい縫い目>を目指してミシンを売ってるんです、50年後も。ええ、絶対!
妙なことを考える日だ。
[PR]

by mishin-pro | 2014-10-10 21:39 | 店長のひとり言