開き直り

そのネタ、以前にも書いてるよと横合いから指摘が。
知ってます!人の気持ちはグルグル回り、現在過去未来往ったり来たりの繰り返し、いいじゃないの、幸せならば。
昼ご飯食べに行って来ようっと。
[PR]

# by mishin-pro | 2016-09-25 13:26 | 店長のひとり言  

恐い言葉

50年近く前、横浜・伊勢佐木町辺り(ま、何処でも良いんですが、繁華街という事デス)を歩いていて、“やばい”という声を聴くと声の主を振り向けませんでした。
そんな恐ろしい言葉を使うのは、本物のヤの字さんだけだったからです。
5、6年経って、あれ、其処いらのヤの字でもキーさんが使ってる。あらら、サラリーマンまでも思ってたら、10年後には小学生までもが!
もうね、言葉の変遷は当たり前と考える方だけど、昔を考えるとゾクッとするんですね、今でも。
[PR]

# by mishin-pro | 2016-09-25 13:17 | 店長のひとり言  

バカ10

ウィンドーズさんのことです。
チェックしてるのに、朝見ると、前の日の午後早いメールなんかが入ってる。
お客様がお待ちだろうに。だから、開店2時間くらいはご返事書くのに、焦る焦る。
10さん、しょっ中あっちこっち飛んだりで蠅か蚊。調子が悪いんだかもワカンナクて、腹立つわ。
基本的に怒らない人間ですけど(家族には文句ばかりと謂われてますが、上っ面です。本気で怒る自分が怖いので、此処30年くらい本気モードに入っていません。笑)、文句の持って行きようが無いのって萎えますね。どこかでfoll front 付けなくちゃね。
恐い言葉を使用してみました。
[PR]

# by mishin-pro | 2016-09-20 16:02 | 店長のひとり言  

歌が上手くなる為に

発声と楽譜の読み方を習いましょう。
月1で良いんですよ。其処らのトレーナーなんかじゃなくて、現役の声楽家辺りに師事します。
4,5千円/hくらいかな。教える事に信念と情熱を持った方。
お好きなミュージカルのソロパートを。1年経つと、凄~く上達するんですよ。
♪ Slowly, gently night unfurls its splendour ...ほらね、もう私はファントムだ。
[PR]

# by mishin-pro | 2016-09-19 14:16 | 店長のひとり言  

歌も上手いんですけど

カラオケには行きません。遠くからのお客様に一度恥を掻かしてから自重してます。
彼も、唄い慣れて相当の手練れだったんですけどね。
才能って埋もれているものなんですよ、Wahhaha。
今度、Nさんのコンクールに出てみようかな。あの番組、まだやってます?
「そして神戸」(千家和也詞)で。この歌はブレスが全てなのです。
途中で息継ぎをしてはいけません。呼吸困難で倒れても、滑らかに唄い切るんですよ。
やっぱり、最高の歌い手はKIYOSHI MAEKAWAだろうな。声量は兎も角、ルチアーノ(パバ)より巧い。
[PR]

# by mishin-pro | 2016-09-15 16:49 | 店長のひとり言  

ですから、

作詞が得意なんです。
尊敬する作詞家は有馬三恵子女史。
「夜霧の街」なんか、むせび泣いていつも最後まで唄えない。
この方の詞の内容を読むと。あの時代に女性の解放を謳っているんですね。
それもアイドルに。私、心も体も自由よと唄わせてる、先駆!
今の歌のユルさが辛くて、此の時代の子供たちが可哀想だと感じるのは爺?
[PR]

# by mishin-pro | 2016-09-15 16:46 | 店長のひとり言  

替え歌を作る

のが得意。昔からですね。
だって、25年以前テキトー!に作った「瀬戸の花嫁」を、今だに子供たち(30ン歳)が口ずさんでますもん。
“♪瀬戸物コワレテ カケラになっちゃったァ、庭に埋めたら踏んで足ケガしたの。ダンダン血が出て・・・♪” つう口から出まかせに、オチビ達が大喜びしてましたね。
「ロマンス」の替えは案外真面目、「誰もいない海」とか「また逢う日まで」なら店頭で堂々(笑)と謳って差し上げられますよ。
傑作中の傑作「異邦人」は、心を許した友人の前限定。家族にも披露しません。
Yuチューブに流したら、即刻訴えられると思います(笑)。
[PR]

# by mishin-pro | 2016-09-13 14:50 | 店長のひとり言  

3日経つと

ボウフラ君が元気に泳いでいるベランダの小さなバケツ。アロエの水栽培なんだけど。
ガッと流してしまう、快感?罪悪感?
乾いたコンクリートの上で跳ね回る彼らを見て、殺しの加担を思う私。大袈裟か。
殺人じゃない、殺虫なんだって考えると、薬掛けるより残酷じゃない。生殺しが?
小さな金魚飼おうと思ってます。食物連鎖、輪廻転生、南無・・・。
[PR]

# by mishin-pro | 2016-09-11 10:59 | 店長のひとり言  

ふんどし

処で、同性(男子)に愛用の下着を訊ねると、これが存外に多種多様。
で、皆拘(こだわ)ってる。素材も形も色も、サイズは当たり前だけど。
周りの何人かに聴いてみてください(女性ならパートナーに)。吃驚しますよ。
因みに、女性の褌が流行ってるって、あれ嘘でしょ。少なくとも流行では無い筈。
言い切る理由は、ああ成る程と納得いただけるでしょうけれど、此処には書けない(笑)。

仕掛けるンだね。ルミネのウィンドーを観たらアローズの<今シーズンの押し>が判ります。
[PR]

# by mishin-pro | 2016-09-07 23:05 | 店長のひとり言  

女性との会話の中で

“ブラジャー&ショーツ”って云えます?堂々と。
私は、ビジネスの一環ですからね。そりゃあ、もう。
ブラジャーの縫製って難しいんです。専門家も少なく、教室も殆ど無い。
良い先生、居ないかなあ。WやGで仕事なさった方とか、お知り合いになりたい。
ショーツは、誰でも(ってわけでもないだろうけど)縫えるような気がする。

考えてみたら、店での会話にタブーって無いですね。悪口以外。
[PR]

# by mishin-pro | 2016-09-07 22:53 | 店長のひとり言