脹脛(ふくらはぎ)が

GW中のビルのエレベーター工事、約7日間の六階徒歩での昇り降りで体を壊してしまいました。
全身がミレーユ・ダルクて熱も無いのに咳が止まらない1ヶ月、やっと本復。
もうね、他の病気かと思ったじゃん(横浜育ち)。
今、この症状、世間に蔓延してるんだね。
聴くと学校でもそうだって言うし、電車の中でも空咳・マスク横行。
”波さん、僕の帰りをきっときっと待っていてくださいね。””武雄さん、なおりましょうか。私の病気・・・。”(注、波さんは結核療養してます。)
徳富蘆花「不如帰」、世界に誇る恋愛小説の決定版!
泣けるよオ~!あれは、単なる大衆小説じゃないね。
比べたら、米「ある愛の歌」なんて薄ら寒くてペラペラ。
現代での映像化(過去、幾度もされてるだろうけど)は無理。
原作が素晴らしいのです。

昇りが駄目なら、六階の降りを徒歩で数週間。訓練。
脹脛が1,3倍になっちゃって、鏡に映してウットリ。
今、脹脛ナルシス。
[PR]

by mishin-pro | 2012-06-25 12:03 | 店長のひとり言  

<< ブログは天から 幻の食い物 ⑧ 氷まんじゅう >>