また、キャッスル

なんだよ、恋愛ドラマだったんじゃん。
其の証拠に、もう4シーズン見終わりそうなのに凶悪事件(ばかり)と犯人(結構ドンデンあり)を1話も覚えていません。
ベケット(女刑事)とキャッスルの愛のイザコザ。
そもそも、主人公が<流行推理作家>って、もうッ、アメリカ人ね。
此れって、戦後間も無く米ドラマ「鬼警部アイアンサイド」が放映されたのが発端だったような気がする。車椅子探偵。
その後、異常な(笑)マッチョ探偵スペンサーとか、盲人探偵、ゲイ探偵、クッキー作り名人の探偵とか、トホホ。もう、とっくに特殊な探偵は底を着いてんじゃないの。
日本、真似しないでよ。もう、してるか。

唯一好きだったのが、マット・スカダー、アル中探偵でしたね。
ハードボイルドが平家物語の無常感なんだもん。ーゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず・・
あれ、此れって長明だっけか、
[PR]

by mishin-pro | 2015-02-11 17:52 | 店長のひとり言  

<< 新宿梁山泊へ 嬉しいこと >>