2012年 05月 18日 ( 1 )

 

幻の食い物 ② 元町のラーメン 

D&Cブランド等が世に喧伝される以前は、横浜元町が日本のファッションのメッカでした。40年前。
短い通り沿いにスミノ、ミハマ、ジャーマンベーカリー、ポンパドール(パン)等々が軒を寄せ合い、スター(映画のですよ)の買い物姿を良く見かけたものです
その元町通りの入り口に、夜ともなると出る屋台のラーメンやさん。
太ったお兄さんが、醤油で煮しめようなタオルで丼を拭きながら作ってくれました。
濃い味なのにさらりと澄んで、麺に絡むスープが絶品!今思うと、鶏がらで浮いていた脂は豚か牛。
現在なら何処かの人気ラーメンが似てると云えますが、当時は直ぐ傍の中華街でもお目に掛かったことの無い味でした。
今でも、舌にほのかに立ち昇る・・。

元町にも近く、伊勢佐木町に接した寿町は労働者の町でした。
当時、一般人は道路を通行するどころか、近寄りもしなかった。
モンキーバイクで駆け抜けると、<犬丼>の看板が出てましたっけ。
[PR]

by mishin-pro | 2012-05-18 17:10 | 店長のひとり言